ギフト

ランドセルは成長の証【小さな子供に大きな夢を背負わせよう】

五月飾りの現状

兜

当世具足も人気

端午の節句に飾る五月人形にはいくつかの種類があるのですが、その中でも最も格式があるものが鎧飾りです。その名が示す通り、かつての武将たちが身につけた甲冑を小型にしたものを五月人形として飾ります。そもそも現在のように端午の節句が男の子の節句になったのは、武家の影響があり、武家では刀や鎧兜を飾っていたのが庶民に広まって現在に至ります。鎧飾りでは昔から、平安時代の大鎧やそれ以降の胴丸などが主流とされていますが、最近では戦国時代に用いられた当世具足の鎧飾りも人気となっています。というのも近年ではゲームなどの影響で戦国時代に興味を持つ若い人も多く、その流れで鎧飾りも自分の好きな戦国武将の甲冑を模したものにしようとする人が多くなっているためです。

誰が贈るのか相談しておく

五月人形は多くの場合、男の子が生まれて初めて迎える端午の節句に際して贈られます。この際に注意しておきたいのは、誰が五月人形を贈るのかという点です。一般的には男の子にとっての祖父母、つまり両親の実家が贈る事が多いのですが、その際に父方か母方かどちらが贈るかについては、地域ごとに違いがあります。それこそ風習が違う地域出身者で結婚している場合には、もめる場合もあります。また、そうでなくても子供が何人もいる場合などでは一方の家ですべて贈るというのは負担にもなります。厳密な決まりがあるというわけではないので、五月人形を贈る際には両家で相談してどちらが贈るか、またその購入金額の負担をどうするかなどを決めると後々もめることがありません。また、昨今では夫婦が先に五月人形を購入しておいて、その料金だけ両家で折半して両家から贈ったという形にするケースもあるようです。